FC2ブログ

清盛倶楽部ホームへ清盛倶楽部お買いものガイド店長ブログ清盛倶楽部物語お問い合わせ
広島菜漬の由来
広島菜は三百年程前、安芸観音村の住人が

江戸の帰りに京都で種を手に入れ持ち帰り、

広島で栽培したのが最初といわれています。

はじめは「京菜」と呼ばれていましたが、

清流太田川沿の肥沃な土地で大量に栽培

されるようになり品種の改良が加えられて

一段とおいしくなりました。

そして、その名も「広島菜」と呼ばれるように

なり独特の加工で味を生かした

『ひろしま菜漬』が生まれました。

この秋、樹木医が作あま~いぶどうと交代で

登場です。
関連記事
[2013/10/10 16:15 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<久しぶりです | ホーム | お肉大好き(●^o^●)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |